先日, TechBowlが主催するハッカソンに友人I氏を誘って参加させていただきました。それにまつわる話をつらつらと書こうと思います。

詳しい話は相方I氏のブログを読んでいただけたらと思います。僕のブログでは客観視などせずに僕の主観をつらつら述べさせていただきます。

開発意欲を掻き立てるために参加を決意

皆さんは, アプリを開発するときにどういったモチベーションで開発するのでしょうか。やはり, 生粋のエンジニアの方はコーディングを始めるとやめられなくなったりするのでしょうか。

僕は, いろんな言語やフレームワークをつまみ食いするにわかエンジニアですので, コーディングのみをルンルンにやるテンションは保てず, これを作らなければ!!みたいなモチベーションがないとだんだんやる気がなくなってきます。この時期もなんとなく作りたいなーみたいな物はたくさんあるのですがいかんせん考えるサービスがいけてないので実装するまで踏み切れることがなかなかないです。

そんな中, TechBowlが主催するHackBowlというハッカソンが開催されることを知り, これは自分が望んでいた開発しなければならない状況になれるのではないかと思い, 交通費が支給されるというお知らせと同時に参加を決意しました。

頼れる相方I氏

誰と出ようかと一瞬迷ったのですが, Donutsで一緒にアルバイトしていたI氏以外にはいないと2秒後に決意しました。

彼は本当に尊敬できます。統計の勉強やudemyを使ったさまざまな技術の勉強, 大学院を移るための勉強, 誰に言われたでもないのに自分でやっています。あと, 実装が本当に早いです。バイトでの無茶苦茶な量のコーディングも1人でやってのけますし, HTML/CSSを使って一瞬でviewを仕上げてきます。彼といると自分もちゃんとしなきゃなと思わされます。。。

クリエイティビティが欲しい

HackBowlのテーマは

「2021年、エンジニアが増えた時、当たり前に使われるサービスを創造せよ」

でした。2人のスラックでいろんなアイディアを出したのですが, その中からI氏が思いついてくれた, 絶妙にニーズを突いたサービスを提案してくれました。HackBowlにて思いっきりサービス内容は発表したのですが, ここではサービス内容は伏せさせてもらおうと思います。こういうアイディアを出す能力が僕には足りてないんです…この力を伸ばすには,

  • 日頃から自分・他人が欲しいと思った物はメモをする
  • 世の中が動いている方向の逆を考える

みたいなことが大事なのかなと最近思っています。参加したチームの

フリーランスのエンジニアが案件の金額を見積もるためのサービス

なんかを発表してていい着眼点だなーと思いました。

慣れていない技術の障壁

技術選定に関してはI氏のブログ通りです。ぜんっぜん開発進みませんでした。

NoSQLにめちゃめちゃ苦労して, 最後tag機能なんかを作ったのですがリレーションを作れないので全記事オブジェクトにtag_androidをもたせるとかいうやばそうな実装をしていました。また, データを入れるのも消すのもFirebaseのUIからやるのは手間で, SQLのありがたさを痛感しました...

時系列に沿って書くと長くなるので学んだことに絞って書いていきます。

HackBowlならではの旨味として, プロエンジニアさんの考え方に触れられたことが大きかったです。

当日, あらゆるスキル方面を網羅したたくさんのプロエンジニアのメンターさんがいるので, GoもVueもFirebaseも初めてな僕たちはたくさん質問させていただくことができました。それを通して, ただ技術的な解決だけでなくこのツールを使った方がいい, このドキュメントを読んだ方がいい, この道のりで学んだ方がいいなど, 1の質問に対して3, 4倍の情報量を返していただきました。それだけじゃなく, プロとして言語やフレームワークに精通した上で開発している姿を見て, かっこいいなと憧れる気持ちにもなりました。

サービスを考え抜く

また, サービスに関して企業目線での意見をたくさんいただけたことも大変ありがたかったです。

僕たちは, 一般ユーザーと企業ユーザー2種類のプレイヤーがいるサービスだったので, どうしても企業ユーザー側のメリットを固めることができませんでした。しかし, 最終発表の後に5人のメンターの方から, 僕たちが気づいていないサービスのメリットをたくさん教えていただき, 普段大学生活に身を置いているだけでは想像もつかないような着想を得ることができました。しかも, その考えは自分たちの考えの2歩も3歩も先をいくものばかりで, whyを深堀していく大切さも痛感しました。企業の方のお話は学ぶことが多くて刺激的で本当に楽しかったです。

あと, ハッカソンという空間も楽しむことができました。ここ最近, なんとなく遊んだりなんとなく研究したりみたいな時間が多かったので, 2人で1つのことに没頭するという時間はあっという間に過ぎました。普段何事もこのくらい集中して取り組みたいところです。友永さん観てる場合ではないです本当に。

HackBowlの結果は...

睡眠を削った努力の結果, TechTrain賞を受賞しました。初めてのハッカソンにもかかわらず受賞できたのは大いにI氏のおかげです。ありがとうございます。。。また, TechBowlの小澤さんにも感謝を述べさせていただきたいです。後日, 賞品としてpower beats proをいただきました。このおかげでいろんな作業が捗りそうです。

正直, フィードバックをもらった時に誰からもダメ出しをされずなかったので, もしや総合賞なんじゃないかと天狗になっていました。あんなに期待をめちゃめちゃ高めて, 結果発表を緊張して待って, 自分たちじゃなくてがっかりするみたいなことを久しぶりに味わえたのもいい思い出です。今思い出したら笑えてきます。。。このがっかりをバネに, 今度サービスを考える時は完璧なロジックを組み立てたいと思います。

最後に

HackBowlに参加して, 多くの学びがあっただけでなく, サービス立案・開発に対してたくさんのインスピレーションを受けることができました。これは, HackBowlを開催してくださった小澤さん, 運営してくださったTechBowlの方々, TechTrainのメンターの方々, そして最強の相方I氏のおかげです。本当にありがとうございました。